豊中市 引越し業者

豊中市で格安な引越し業者を探す方法

豊中市 引越し業者

豊中市 引越し 郵送

豊中市 引越し 価格

豊中市 引越し料金 平均

豊中市 引越し 相場

 

 

豊中市の引越しで検索すると、60件ほど引越し業者がヒットします。
このすべてに見積もりを依頼したいところですが、実際はなかなかできませんね。

 

沢山の引越し業者の中から1番評判のいい業者はどこか、安い業者はどこか、サービスがいい業者はどこかなどいろいろ気になって調べても見つけることは出来ないと思います。
それは100%の人が満足と答える引越し業者は存在しないからです。
それなら引越し業者はどこもたいして変わらないのだろうと思われるかもしれませんが、違いはあります。

 

引越しの費用やダンボールサービス、オプションなどは引越し業者によって随分違います。

 

引越し費用=スタッフへの人件費+ガソリン代や高速代などの交通費+ゴミの処理などのオプション

 

引越し費用は持っている荷物の量と新居までの距離に比例します。
荷物が多いほど引越し業者のスタッフが沢山必要ですし、大きなトラックも用意しなければなりません。
新居までの距離が遠いほど、トラックを運転するスタッフの人数も必要となり、ガソリン代も多くかかります。

 

引越し料金を安くしたいなら、当日までに荷物を減らしておきましょう。

 

引越し費用は荷物の量に比例しますので、できるだけ荷物の整理をして、いらないものは引越し当日までに処分しておくのがオススメです。
とりあえず箱に詰めて、新居でゆっくり仕分けするという方法は、余分に費用がかかることになるのです。

 

そして必ず見積もりは複数の引越し業者から取ってくださいね。
先ほど言いましたように、引越し費用は業者によって随分違います。
比較しないで1社だけに見積もりを依頼して決めてしまうのはもったいないです。

 

1社より2社、2社より4社と数が多いほうが、お得になるチャンスが広がるということになります。

 

しかも今は簡単に引越し業者から一括見積もりが出来ます。便利なうえに利用料は無料です。
できるだけお得に引越ししたいなら、複数の業者から見積もりを取って費用やサービスなどをしっかり比較しましょう。

 

豊中市 引越し

 

引越しの手順

 

豊中市 引越し 手順

 

・新居を決めたら、引越し業者に見積もりを依頼する。
引越し業者への見積もりは、新居の住所や物件の状況がわからないと正確な料金がわかりません。エレベーターありの4階となしの4階では同じ料金ではないので、新居が決まったら早めに見積もりを取って、引越し業者をおさえましょう。

 

・荷物の梱包、不用品の処分を行う。
引越し日までに荷物をすこしずつ梱包します。その時に出る不用品はゴミカレンダーで計画的に捨てましょう。引越しの際に荷物が多いと費用が高くなりますから、いらないものは売る、あげる、捨てるなどの方法で処分しましょう。

 

・市外への引越しなら役所に転出届を提出する。(2週間前〜)
健康保険や年金についても役所で聞いておく。
市外へ引越しする際は、市議の選挙などのお知らせが新居に届くように手配しなければなりません。転出届を提出しましょう。さらに国民健康保険や年金の届けについても役所で聞いておきましょう。

 

・電気・ガス・水道・通信会社などに引越しする連絡をして、詳細や精算方法などを確認する。
電気などのインフラは引越し日までは使えるようにしておいて、引越し日からは新居で使えるように手配しなければなりません。新居での手配を忘れて電気がつかない、お湯が出ないなどのトラブルも多いですのでお気をつけください。

 

・郵便局に新居への郵便物転送手続き(届出から1年間有効)
郵便物が新居に届くようにするには引越ししましたハガキを出したり、住所変更の手続きが終わってからになります。ですが、郵便局に転送の手続きをしておくと1年間は新居に届くようにできます。

 

・引越し当日 家具の配置などを決めておく。
引越し日は引越し業者におまかせするとして、どこに何の家具を置くかなど指示が必要です。前もって家具の配置、ダンボールの置き場所などを紙にかいて整理しておくと引越し当日はスムーズです。

 

・市内引越しなら役所で転居届、市外引越しなら転入届を提出
同一市内なら転居届け、市外への引越しなら転居届けを提出しておくことで、選挙ハガキや年金など役所からの郵便物が届きます。

 

・荷解きをする。

 

・免許証・パスポート・保険・カード類などの住所変更手続き
を行う。

役所関係以外でも、免許やパスポートなどは住所変更の手続きが必要です。免許証は身分証にもなりますので、必ず行いましょう。

 

 

引っ越し日と縁起かつぎ

 

豊中市引っ越し六曜

 

大安吉日という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。
日本製のカレンダーや手帳には「月火水木金土日」という7つの曜日のほかに、「大安・仏滅・先負・先勝・赤口・友引」の六曜というものがあります。

 

これらの意味を知っていると、結婚式に良い日やお葬式をしてはいけない日、つまり縁起の良い日や悪い日があることがわかります。

 

・大安・・・何をやっても上手くいく吉日
・仏滅・・・仏も滅するほどの大凶日
・先勝・・・早ければ吉なので午前中が吉、午後2〜6時は凶
・先負・・・午前中が凶、午後が吉という先勝と反対の日
・赤口・・・しゃっこうと読み厄日とされる。何もするのも向きませんが、11〜13時の正午の前後だけは吉とされています。
・友引・・・大安に次いで吉ですが、朝は吉で昼は凶で夕方から大吉という忙しい日です。友達をあの世に引き寄せるという意味もあるため、葬式は行わない。

 

結婚式は大安や友引を選びます。
友をひきずるということから、友引にお葬式をしてはいけないと昔から言われています。
冠婚葬祭は特に縁起をかつぎますので、六曜の出番は多いです。
では引越しの時はどうでしょうか?

 

引越しの時に六曜を気にするかというアンケートを取ると、4人に1人が「気にする」と答えています。
案外、六曜を気にする人が多い結果だったので驚きました。

 

・引越しは大安が良いと言われますが、そこまでこだわらないにしても仏滅以外で引っ越ししたい。
・自分は別に六曜は気にしないけど、親が気にしていたので大安に予約した。
・結婚での引越しなので、仏滅は避けたい。

 

このようにちょっと気にするという方は案外多いかもしれませんね。
しかし逆に、「仏滅は割引されて引越し代が安くなる!」ということで、あえてその日に予約するという強者もいます。
考え方は人それぞれということですね。